受動喫煙防止法制定!急がれる喫煙キャビン設置の豆知識や基本情報をご紹介します!

このサイトでは、受動喫煙防止法制定されて急がれている喫煙キャビン設置の豆知識や基本情報を紹介していきます。
ランニングコストの削減の方法や、ウイルス対策をどうするべきかについても詳しく説明します。
2020年4月から施行されて会社・大型飲食店・ホテルのロビーなども原則屋内禁煙となり、喫煙専用質があれば吸えますが国が定める基準を満たさないといけません。
中には施設全体を全面的に禁煙としているところもありますが、これだと喫煙者も吸うところが無くなってしまい困ります。

受動喫煙防止法制定!急がれる喫煙キャビン設置の豆知識や基本情報をご紹介します!

喫煙キャビンの豆知識ですがこれは簡単に設置出来るボックス型の喫煙ブースで、喫煙キャビンには扉がなく開放的なつくりとなってます。
これまでは喫煙所はオフィスだと主なスペースから隔離されていて、吸う人と吸わない人の間でコミュニケーションの溝が出来てました。
キャビンには煙草の煙固有のガス状成分をほぼ100%浄化できる特殊なフィルターが付いていて、近くでも臭いや煙を感じません。
吸わない人がいる場所でも取り付け可能で、嫌な臭いや健康面なども気にしないで一緒に過ごせます。
大きさもコンパクトで屋内で100Vの電源があれば短時間で置けます。

多種多様なブースやキャビンがある!喫煙キャビン選びはショールームの見学が大事です!

世界的に喫煙に関する害が科学的に証明されるようになりました。
とくに呼吸器には深刻な害を及ぼしますが、他にも消化器や血液などの動脈硬化なども見逃せない病例が数多くあります。
保険適用の生活習慣病は全医療費の3割強あると言われておりますが、喫煙習慣がもたらす傷病はその中でも低くない割合があるのです。
また主流煙だけではなく喫煙時に発生する副流煙にも、同様の害があるために禁煙が社会全体で推奨されております。
喫煙キャビンは職場などの空間で分煙を目的導入される、パーテーションタイプの仕切りで覆われた装置です。
集塵集煙フィルターで煙を吸い取って濾過して、フィルターによって綺麗になった空気は外部に排出されます。
ダクトを設置すればより分煙効果は高まることが特徴です。
喫煙キャビンは数多くの製品があるのでショールームを見学し、目的とサイズを確認してからの導入がおすすめになります。
他にもオープンタイプやプレハブタイプがあるので、分煙化を目的にしている場合にはやはりショールームの見学が参考になるのです。

喫煙キャビンの選び方のポイントその①収容人数を確認する

喫煙キャビンの選び方を考えるうえで、まず大事になってくるのは収容人数を確認することです。
社員や関係者など、そもそもみんなが使うというわけではなく、禁煙を通す人だったりあまり多く吸う人でないなど人によってタバコとの付き合い方はさまざまです。
喫煙キャビンをつくるときには使用の有無を確認して、そこで出た喫煙者の利用状況に合うサイズのものを導入した方が良いでしょう。
社内アンケートなどをとったうえで、設置レイアウトをどのようにするか決めていくとトラブルが起きる可能性が減ります。
喫煙キャビンで同時に使える収容人数は2人・4人・6人のほか大きなものだと8人サイズのものが目安です。
部署の各フロアごとに置くか、あるいは会社の共用スペースにまずは試験的に置いてみて判断するなど設置の判断はそれぞれ分かれると考えられますが、いずれの場合でも喫煙キャビンで煙草を吸う人数を把握したうえで設置しておくと今だけではなく後々のためにもなります。

喫煙キャビンの選び方のポイントその②メンテナンスのし易さを考慮して選ぶ

喫煙キャビンを選ぶときには、導入後のメンテナンスのし易さまで考慮することも大切です。
設置をして終わりではありませんし、使い始めたら汚れやニオイという課題も出てきます。
毎日たくさんの人がタバコを吸う場所であるほど、定期的に掃除などケアをすることも重要です。
メーカーが定期的の行うというサービスなら別ですが、自分たちで行うなら楽なケアができるに越したことはありません。
清潔で快適な喫煙キャビン空間を維持するためにも、基本的な掃除をすることは大切になります。
タバコは火を使うものであり、灰皿で消したつもりがまだ種火が残っていたり、吸い殻が山のように積み上げられているままではいけません。
だからと言って掃除など、ケアに時間がかかりすぎるのも大変です。
いかに掃除をしやすい構造になっているか、機能性まで合わせて検討をするようにします。
換気性能が良い上に掃除がしやすくて、お手入れが楽な方がベストな喫煙キャビンを長く維持しやすいです。

喫煙キャビンの選び方のポイントその④耐用年数に着目した選ぶことも大事

喫煙キャビンはオフィスや施設で分煙対策をする時に有効な手段であり、半完成品を現場で組み立てるユニットタイプで販売しております。
簡易的なパーテーションで覆われておりますので外部に煙が漏れ出しにくく、内部には煙を集める装置とフィルターが設置されているのが特徴です。
喫煙キャビンは用途に応じて広さを選べるので、大きなオフィスなどでは大型のモデルが検討出来ます。
その他にもオープンタイプやプレハブタイプも販売されているのです。
喫煙キャビンは耐用年数が目安的に設定されておりますので、購入導入時にはチェックしなければいけません。
多くの製品が5年から10年程度の期間で設定されており、定期的なメンテナンスをすることで性能を維持します。
フィルターの交換や負圧システムのチェックなど、多機能で高性能な製品になるほどチェック項目は多くなるのです。
簡易的なモデルならば空気清浄機のメンテナンスと、室内の清掃をするだけですが分煙効果はその分低くなっております。

喫煙キャビンに関する情報サイト
喫煙キャビンの設置方法

このサイトでは、受動喫煙防止法制定されて急がれている喫煙キャビン設置の豆知識や基本情報を紹介していきます。ランニングコストの削減の方法や、ウイルス対策をどうするべきかについても詳しく説明します。2020年4月から施行されて会社・大型飲食店・ホテルのロビーなども原則屋内禁煙となり、喫煙専用質があれば吸えますが国が定める基準を満たさないといけません。中には施設全体を全面的に禁煙としているところもありますが、これだと喫煙者も吸うところが無くなってしまい困ります。

Search